根菜と鶏肉の雑煮

movie

根菜と鶏肉の雑煮

309 kcal(1人分)|日本|30分以下

お正月には欠かせない、お雑煮。そのルーツは、煮雑(にまぜ)という言葉が転じたもので、その土地でとれる様々な食材で作られた煮物のことをいい、お正月に限らず、おめでたい席で食べられてきたのだそうです。根菜をたっぷり使った、すまし仕立てのお雑煮は、鶏肉の旨味を生かして、あっさりと仕上げました。根菜類に含まれる食物繊維は、血中コレステロールを減らす働きがあるので、動脈硬化や生活習慣病予防にも効果的です。

  • ピン

材料(2人分)

鶏むね肉,皮なし 80 g
里芋 40 g
ごぼう 40 g
人参 20 g
小松菜 60 g
もち(角もち) 4 個
だし汁 2 カップ
醤油 小さじ 1
小さじ 1/4強

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。
※計量の単位は、大さじ1=15mL、小さじ1=5mL、1カップ=200mLです。

作り方

  1. 根菜と鶏肉の雑煮再生
    1

    鶏肉はひと口大のそぎ切りにする。里芋は5mm厚さの輪切りにし、ごぼうは3mm厚さの斜め切りにして酢水(分量外)にさらし、水けをきる。人参は梅型で抜き、5mm厚さに切る。

  2. 根菜と鶏肉の雑煮再生
    2

    小松菜は熱湯で色よくゆで、冷水にとって水けを絞り、3cm長さに切る。鍋にだし汁を沸かし、里芋、ごぼう、人参を入れ、煮立ったら鶏肉を加える。火が通ったら、塩と醤油で味をととのえる。

  3. 根菜と鶏肉の雑煮再生
    3

    焼き網でもちをこんがりと焼く。焼き上がったら椀に入れ、具と汁を盛りつけ、小松菜をあしらう。