焼おにせんべ茶漬け

焼おにせんべ茶漬け

142 kcal(1人分)|日本|30分以下

のりは日本人にとって欠かせない食材。藻類の一種で日本人はこれを乾燥させてのりとして食べるようになったとか。食物繊維だけでなく、ミネラルやビタミンも豊富。日本人のほとんどがのりを分解できる酵素があるのに対し、外国人にはほとんどないそうです。まさにのりは日本の食文化とともにあるわけです。そこでおにぎりに巻くだけではない、こんなお茶漬けはいかがでしょうか。

  • ピン

材料(2人分)

焼きのり 1/2 枚
ご飯 150 g
A醤油 大さじ 1
Aだし汁 大さじ 1
淡口醤油 小さじ 1/3
小さじ 1/6強
だし汁 260 ml
ごま油 小さじ 1/2
万能ねぎ 2 g
練りわさび 少々

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。
※計量の単位は、大さじ1=15mL、小さじ1=5mL、1カップ=200mLです。

作り方

  1. 焼おにせんべ茶漬け再生
    1

    焼きのりは半分に切り(1人1枚)、万能ねぎは小口切りにする。Aを混ぜ合わせる。のりにご飯を広げ、フッ素樹脂加工のフライパンでご飯を下にして焼く。混ぜ合わせたAをご飯の面に数回に分けてぬりながらカリッとするまで焼き、焼き上がったら半分に切る。

  2. 焼おにせんべ茶漬け再生
    2

    鍋にだし汁を沸かし、塩と淡口醤油で味をととのえる。器に焼いたご飯を入れてだし汁を注ぐ。ごま油を落として万能ねぎを散らし、わさびをのせる。