さんまのサラダ焼き

さんまのサラダ焼き

199 kcal(1人分)|西洋|40分以下

脂が乗りきる前の、今の時期のさんまで作りたい一品。三枚におろしたさんまに、ユズの香りを効かした下味をつけ、ポテトサラダを巻いて、オーブントースターでこんがり焼きます。パリッと香ばしいさんまに、マヨネーズのマイルドな酸味がマッチして、これはおいしい和洋折衷の味。お魚が苦手な方にもおすすめです。さんまと言えば塩焼きが一番人気ですが、さらに醤油をかけると塩分が多くなってしまうので、相性のいいユズやスダチで風味を添えて、塩分を控えるようにしましょう。

  • ピン

材料(2人分)

さんま 1 尾
A 大さじ 1
A醤油 大さじ 1
Aみりん 大さじ 1/2
Aゆず(輪切り) 2 枚
じゃが芋 70 g
0.20 g
こしょう 少々
きゅうり 10 g
マヨネーズ 小さじ 1
ゆず(飾り用いちょう切り) 2 枚

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。
※計量の単位は、大さじ1=15mL、小さじ1=5mL、1カップ=200mLです。

作り方

  1. さんまのサラダ焼き再生
    1

    さんまは頭を落とし、腹を切り開いて内臓を取り出し、水で洗う。水けをふき取り、三枚におろし、腹骨をすき取る。

  2. さんまのサラダ焼き再生
    2

    ゆずは種を取る。酒、醤油、みりんを混ぜてゆずを加え、さんまにかけて20分ほど漬けておく。じゃが芋は適当な大きさに切ってゆでる。熱いうちにつぶし、塩、こしょうを混ぜ合わせる。

  3. さんまのサラダ焼き再生
    3

    きゅうりは薄い輪切りにし、塩(分量外)を振ってよくもみ、しんなりとしたら水で洗って水けを絞る。じゃが芋にきゅうりとマヨネーズを加えて混ぜ合わせる。

  4. さんまのサラダ焼き再生
    4

    2の汁けを取り、3をのせて巻き、巻き終わりをつま楊枝でとめる。アルミホイルを敷いた天板にのせて、オーブントースターで約5分焼く。焼き上がったら、器に盛りつけてつま楊枝を抜き、ゆずを飾る。