春の天ぷら盛り合わせ

春の天ぷら盛り合わせ

304 kcal(1人分)|日本|40分以下

きす、たけのこ、たらの芽、生椎茸を盛り合わせた、春ならではの天ぷら。たらの芽は山菜の王様とも言われ、天ぷらで食べるのが人気です。栽培物が出回っていますが、できれば野生のものを味わっていただきたいもの。アクやクセの強い山菜を手軽に楽しむには、天ぷらが手軽にできておすすめです。

  • ピン

材料(2人分)

きす(1尾30g) 4 尾
ゆでたけのこ(新物) 40 g
たらの芽 4 個
生椎茸 2 枚
小麦粉(下粉用) 適宜
A小麦粉 100 g
A卵(溶き卵) 1 個
A水(冷水) 1 カップ
揚げ油 適宜
Bだし汁 大さじ 2・2/3
B醤油 小さじ 2
Bみりん(煮切ったもの) 小さじ 2
大根(すりおろし) 30 g
しょうが(すりおろし) 小さじ 1/2弱

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。
※計量の単位は、大さじ1=15mL、小さじ1=5mL、1カップ=200mLです。

作り方

  1. 春の天ぷら盛り合わせ再生
    1

    きすはウロコを取り、頭を落として内臓を取り除く。水で洗って水けをふき取り、腹開きにして中骨と身を切り離し、腹骨をすき取る。

  2. 春の天ぷら盛り合わせ再生
    2

    たけのこは食べやすい大きさに切る。たらの芽は根元のかたい部分を切り落とし、茶色い部分を包丁でむいて、はかまを取り除く。生椎茸は軸を落とす。

  3. 春の天ぷら盛り合わせ再生
    3

    Aの卵に冷水を混ぜ、小麦粉を加えてサックリと混ぜ合わせ、天ぷら衣を作る。2にそれぞれ小麦粉を薄くまぶし、天ぷら衣をつけて160〜165℃の揚げ油で揚げる。1も小麦粉をまぶして衣をつけ、170℃の油で揚げる。

  4. 春の天ぷら盛り合わせ再生
    4

    鍋にBを合わせて火にかけ、ひと煮立ちさせて天つゆを作る。器に3を盛り合わせ、軽く水けを絞った大根おろし、おろししょうがを盛り、天つゆを添える。