鶏肉の八幡巻き

鶏肉の八幡巻き

148 kcal(1人分)|日本|30分以下

皮を除いた鶏肉は、肉類の中ではエネルギーが低く、消化吸収率も高いので、高齢の方の食事にも取り入れやすい素材です。このメニューは、もも肉より脂肪が少なくタンパク質が多い胸肉で、アスパラ、ゴボウ、人参を巻いています。食べやすく彩りも良いので、お弁当のおかずにも喜ばれそう。ふきやサヤインゲンなどを巻くのもおすすめです。

  • ピン

材料(2人分)

鶏むね肉,皮なし 160 g
0.40 g
小さじ 1/2強
アスパラ(15cm長さ) 1 本
ごぼう(15cm長さ4つ割り) 1 本
人参(5mm角×15cm) 1 本
片栗粉 適宜
小さじ 1
干し椎茸 2 枚
オクラ 2 本
Aだし汁 80 ml
Aみりん 小さじ 1・1/3
A醤油 小さじ 1・1/3
A 小さじ 1

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。
※計量の単位は、大さじ1=15mL、小さじ1=5mL、1カップ=200mLです。

電子レンジの加熱時間は、600Wで加熱した場合の目安です。ワット数が異なる電子レンジをお使いの場合、加熱時間は様子を見ながら加減してください。

作り方

  1. 鶏肉の八幡巻き再生
    1

    鶏肉は厚い部分に包丁で切りめを入れて観音開きにし、酒、塩を振る。アスパラははかまを取る。熱湯でごぼう、人参、アスパラをゆでる。

  2. 鶏肉の八幡巻き再生
    2

    干し椎茸は水で戻して水けを絞り、半分のそぎ切りにする。オクラはガクをむいて塩(分量外)でもみ、熱湯で色よくゆでて冷水にとり、縦半分に切る。ラップの上に鶏肉を広げ、ごぼう、アスパラ、人参をのせて手前から巻き、ラップで全体を包む。

  3. 鶏肉の八幡巻き再生
    3

    耐熱容器に入れ、電子レンジで約1分加熱し(加熱時間は2人分の目安)、ラップをはずして片栗粉をまぶす。フッ素樹脂加工のフライパンにサラダ油を熱し、鶏肉をまんべんなく焼いて火を通し、一度取り出す。

  4. 鶏肉の八幡巻き再生
    4

    同じフライパンにAを入れ、ひと煮立ちしたら鶏肉、椎茸を入れ、煮汁がほとんどなくなるまで転がしながら煮る。鶏肉を食べやすい大きさに切り分け、器に盛りつけ、オクラ、椎茸を添える。