大豆の梅がつお煮

movie

大豆の梅がつお煮

106 kcal(1人分)|日本|30分以下

節分に大豆を食べる習慣は、厄払いとともに、厳しい寒さに耐える栄養補給の意味もあったようです。「畑の肉」とも言われ、良質のタンパク源として良く知られていますが、実は豆類の中でも脂質を豊富に含み、そのほとんどが、血液サラサラ効果のある不飽和脂肪酸なのです。生活習慣病予防にも効果的な大豆ですから、煮豆にして常備したいものですね。水煮大豆を上手に利用すれば、箸休めやお弁当に重宝する煮豆が意外と簡単に作れます。梅干しの香りとほのかな酸味で後をひくおいしさです。

  • ピン

材料(2人分)

ゆで大豆 100 g
梅干し 2 g
A醤油 小さじ 1
A砂糖 小さじ 1
A 小さじ 1
A 90 ml
かつお削り節 4 g

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。
※計量の単位は、大さじ1=15mL、小さじ1=5mL、1カップ=200mLです。

作り方

  1. 大豆の梅がつお煮再生
    1

    梅干しは包丁でたたく。鍋に大豆、梅干し、Aを入れて火にかけ、煮る。

  2. 大豆の梅がつお煮再生
    2

    煮汁が少なくなったらかつお節を加えてからめ、器に盛る。