いにしえのいなり

movie

いにしえのいなり

110 kcal(1人分)|日本|30分以下

いなりの中身は「おからの炒り煮」です。ちょっと手間はかかりますが、おからのおいしさを再発見できる、「日本の家庭料理の極みの一品」を作ってみましょう! おからは焦げやすいので、調理の際はテフロン加工の鍋を使うといいでしょう。煮るときにはパラパラになりすぎないよう、だし汁は適宜加減してぽったりと仕上げていきます。

  • ピン

材料(3人分)

油揚げ(いなり用、1枚10g) 3 枚
Aだし汁 1/2 カップ
A砂糖 小さじ 2
A淡口醤油 小さじ 1/2
おから 75 g
こんにゃく 30 g
干し椎茸 6 g
人参 15 g
絹さや 9 g
小さじ 3/4
Bだし汁 225 ml
B砂糖 小さじ 2
B 大さじ 1/2
B淡口醤油 小さじ 3/4
B 0.60 g

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。
※計量の単位は、大さじ1=15mL、小さじ1=5mL、1カップ=200mLです。

作り方

  1. いにしえのいなり再生
    1

    こんにゃくは粗みじん切りにし、サッと湯通ししてザルに上げる。人参も粗みじんにし、干し椎茸は水で戻して水けを絞り、粗みじんにする。絹さやはヘタと筋を取って熱湯でゆで、斜め細切りにする。

  2. いにしえのいなり再生
    2

    油揚げは斜め半分に切り、切り口を広げて袋状に開き、熱湯をかけて油抜きをする。鍋にAを入れて煮立て、油揚げを加えて煮汁がほとんどなくなるまで煮る。

  3. いにしえのいなり再生
    3

    フッ素樹脂加工の鍋にサラダ油を熱し、人参、こんにゃく、椎茸を入れて炒め、油がなじんだらBを入れる。沸騰したら、おからを加えてよく混ぜ、弱火でぽったりするまで煮、味を含んだら火を止め、絹さやを入れて混ぜる。

  4. いにしえのいなり再生
    4

    2を軽く絞り、3を6等分にして詰め、三角に形に整える(1人2個づけ)。