はまぐりのすまし汁

movie

はまぐりのすまし汁

9 kcal(1人分)|日本|20分以下

はまぐりという名前は、小石(ぐり)のようにたくさんとれることに由来、あるいは、栗のような形をしているからとも言われています。はまぐりの殻は、対になっているもの以外には合わないことから、結婚式の祝い膳にもよく使われます。たんぱく質やビタミンの含有量は多くありませんが、グリシン、アラニン、グルタミン酸が多く含まれ、甘味も濃く、品のいい味わいで、よいだしが出ます。すまし汁は、上品さとしっかりした旨みを活かした料理。加熱しすぎると身がかたくなるので、注意しましょう。

  • ピン

材料(2人分)

はまぐり(殻つき) 60 g
三つ葉 4 g
だし汁 1・1/2 カップ
小さじ 1/5
淡口醤油 小さじ 2/3

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。
※計量の単位は、大さじ1=15mL、小さじ1=5mL、1カップ=200mLです。

作り方

  1. はまぐりのすまし汁再生
    1

    鍋にだし汁を沸かし、はまぐりを入れて火を通す。殻が開いたら取り出す。

  2. はまぐりのすまし汁再生
    2

    三つ葉は1cm長さに切る。1のだし汁に塩、淡口醤油を加えて味をととのえる。椀にはまぐり、三つ葉を入れて、だし汁を注ぐ。