焼き目はもの吸い物

movie

焼き目はもの吸い物

49 kcal(1人分)|日本|20分以下

夏のはもは淡泊なおいしさが好まれ、関西では夏のごちそうに欠かせない食材でもあります。今回は焼いたはもに白きくらげを合わせて吸い物に、吸い口には香り高い青ゆずを添えています。はもの皮に多く含まれるコンドロイチンは皮膚の老化防止に役立つと言われます。真夏の強い日射しに痛めつけられた皮膚のためにも、あっさりとおいしいはもを召し上がってみてはいかがでしょうか。

  • ピン

材料(2人分)

はも(骨切りしたもの) 60 g
白きくらげ,乾 2 g
だし汁 260 ml
淡口醤油 小さじ 1/3
小さじ 1/6強
ゆず,果皮(青) 適宜

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。
※計量の単位は、大さじ1=15mL、小さじ1=5mL、1カップ=200mLです。

作り方

  1. 焼き目はもの吸い物再生
    1

    はもは金ぐしを打ち、金ぐしに竹ぐしを通しておく(はもは焼くと身が縮むため、金ぐしが動かないように竹ぐしで止める)。焼き網の上で両面ともあぶり、焼きめがついたらくしを抜き、半分に切る。

  2. 焼き目はもの吸い物再生
    2

    白きくらげは水につけて戻し、水けを絞って食べやすい大きさに切る。ゆずの皮は飾り切りにする。

  3. 焼き目はもの吸い物再生
    3

    鍋にだし汁を温めて淡口醤油、塩を入れ、煮立ったら、1、白きくらげを加えて煮る。椀に盛りつけ、ゆずの皮をあしらう。