うなぎのかば焼入りミルク卵焼き

movie

うなぎのかば焼入りミルク卵焼き

189 kcal(1人分)|日本|15分以下

  • ピン

材料(2人分)

うなぎ,かば焼 40 g
A 小さじ 1/2
Aうなぎのたれ 小さじ 1/2
2 個
かぶの葉 20 g
万能ねぎ(細かく刻んだもの) 6 g
B牛乳 大さじ 1
Bみりん 大さじ 1/2
適量
大根(皮つき) 60 g
醤油 小さじ 1/2

分量は骨や皮を除いた実際に口に入る分量で記載しています。完成後はカロリー管理のため、1人分に分けて召し上がってください。
※計量の単位は、大さじ1=15mL、小さじ1=5mL、1カップ=200mLです。

電子レンジの加熱時間は、600Wで加熱した場合の目安です。ワット数が異なる電子レンジをお使いの場合、加熱時間は様子を見ながら加減してください。

作り方

  1. うなぎのかば焼入りミルク卵焼き再生
    1

    うなぎは5mm角に切って耐熱容器に入れ、Aを振って電子レンジで約20秒加熱する(加熱時間は2人分の目安)。かぶの葉は刻む。

  2. うなぎのかば焼入りミルク卵焼き再生
    2

    ボウルに卵を溶きほぐし、Bを加えて混ぜる。1と万能ねぎを加えて混ぜる。

  3. うなぎのかば焼入りミルク卵焼き再生
    3

    フライパンに油を中火でなじませ、2の1/3量を細長く流す。奥から手前へ巻き、奥へ寄せる。これを繰り返して焼き上げ、アルミホイルに包んで落ち着かせる。

  4. うなぎのかば焼入りミルク卵焼き再生
    4

    大根は皮ごとすりおろして水けをきる。3を食べやすい大きさに切って盛りつけ、大根おろしを添えて醤油をかける。

ワンポイントアドバイス
卵焼きは、朝食やお弁当としても作りやすい料理なので、カルシウムをアップさせる具材を加えるとよいでしょう。刻んだうなぎ、ゆでた青菜、しらす干しを加えたり、だしの代わりに牛乳を使うなど、ちょっとした工夫でカルシウム量を増やすことができます。