e地産地消

加賀れんこん

加賀れんこん

名称 加賀れんこん
都道府県名 石川県
区分 野菜類
分類 スイレン科ハス属
学名 Nelumbo nucifera
外国語名 Lotus root
生産地 金沢市小板、河北潟干拓地、薬師谷地区、才田地区、森本地区
収穫地域情報 加賀野菜認定。金沢市小板地区の蓮田の蓮根が最高といわれている。鮮度を保つため、泥つきで出荷されるものが多い。
別名 大樋蓮根
由来 加賀藩の時代に、加賀の国の産物として公に栽培されるようになったため。
歴史背景 今から約300年前、加賀藩主前田綱紀の時代、参勤交代の折りに美濃からハスの苗を持ち帰って金沢城内に植え、花を楽しんだことが始まりといわれる。そのハスを大樋町の喜兵衛という者が泥田に移植したところ、驚くほどよく成長し、金沢北部地区一帯に広まったという。土壌条件から生まれる独特の粘り、歯触りが珍重され、金沢の食文化に欠かせない食材になっている。「地ばす」といわれる品種で、地下1m前後を匍匐するため、収穫に極めて苦労があり、収量も少なかった。明治20年頃からレンコンの商品性が注目されるようになり「小坂蓮根」とよばれ、栽培が盛んに。さらに新品種の導入にも力が注がれ、大正中期、生産拡大に功績のあった本岡大吉氏により「加賀蓮根」と命名され市場に出荷されるようになった。
時期 8月下旬〜5月中旬
特徴 一般的な蓮根よりも細めで節と節の間が短いが穴が小さく肉厚。収穫初期は色白で、末期になると色が濃くなる。デンプン質が多く、もっちりとした粘りのある独特の歯ごたえがある。
下処理 皮をむき、切ったら酢水にさらして変色を防ぐ。
料理名 酢れんこん、はす蒸し、すり流し汁、煮物、天ぷら、きんぴら
調理法 酢れんこんの場合は、薄切りにして、ダシや酢、砂糖、塩などを煮立てたなかに入れてさっと煮る。はす蒸しは擦りおろしたレンコンに卵、椎茸やぎんなんほか好みの野菜を混ぜ、みりん、塩で調味して丸く成形し、15分ほど蒸す。
選び方 重みがあり、歪みがないものを。表皮は自然な肌色のものが新鮮。切り口が茶色に変色していたり、穴の内側が黒くなっているものは避ける。
保存方法 泥つきのまま濡らした新聞紙などに包み、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存(半分に切ったものは、切り口にラップをしてから包む)。
栄養 ビタミンCが豊富。また、デンプンが多いのでビタミンCは加熱しても分解されにくい。食物繊維も比較的多い。
問い合わせ先 金沢市農産物ブランド協会 TEL:076-222-0831

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。