e地産地消

赤ガレイ

赤ガレイ

名称 赤ガレイ
都道府県名 鳥取県
区分 魚介類
分類 カレイ科アカガレイ属
学名 Hippoglossoides dubius Schmidt
外国語名 Flathead flounder,Red halibut
生産地 網代漁港、鳥取港、境港
収獲地域情報 沖合底曳網で漁獲される。
別名 ミガレイ、マガレイ
由来 体の白い面(眼のない側)が、血が滲んだように赤くなることから。
時期 漁期9月〜5月、旬は冬
特徴 水深180〜900mに棲息。体長50cmほどに成長する。扁平でやや細長い。口は大きく、犬歯状の鋭い歯を持つ。沖合底曳網で漁獲されると、裏側や時に表側も内出血したように赤くなる。皮にあるカレイ特有の臭みは薄く、鮮度が高ければ刺身にして非常に美味。味はクセがなく淡白、身はふっくらしている。
下処理 表面をタワシなどであらってぬめりと鱗を落とし、内臓とエラを取り除く。刺身にする場合は5枚におろす。
料理名 煮つけ、塩焼き、ムニエル、唐揚げ、刺身
調理法 鮮度が高ければ刺身に。鱗、内臓とエラを取り除いて煮つけ(地元の一般的な食べ方)や唐揚げ、ムニエルに。上品な白身ながら旨味は強く、ほどよく繊維質で身離れがよく食べやすい。子持ちの場合、地元(県東部)では、卵をほぐし、細切りにした刺身とまぶす「こまぶり」という伝統料理がある。
加工品 干物
選び方 触って身の締まった硬いもの。鮮度が悪くなると裏面の赤身が消えるので、赤いものが鮮度の鍵。赤い血走りがはっきり見える裏側で判断する。子持ちは高価だが、真子が美味。
保存方法 鮮度が落ちやすいので、入手したらすぐに冷蔵保存し、早めに調理する。
栄養 脂質が少なくタンパク質が多い。ビタミンB2、B12、ビタミンDも豊富。
問い合わせ先 鳥取県漁業協同組合 TEL:0857-28-0111

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。