e地産地消

まりひめ(いちご)

まりひめ(いちご)

名称 まりひめ(いちご)
都道府県名 和歌山県
区分 果実類
分類 バラ科オランダイチゴ属
学名 Fragaria × ananassa
外国語名 Strawberry
生産地 和歌山県内 とくに那賀地方
収穫地域情報 温暖な気候の和歌山県では、57ha(2007年産野菜生産出荷統計)の面積でいちごが栽培されている。
由来 伝統紀州てまりにちなんで名づけられた。
歴史背景 同県主要品種の「さちのか」の収穫期を早め収量を上げるため、「あきひめ」をかけあわせて誕生した和歌山県のオリジナル品種。2010年に品種登録された。11月から収穫される。
時期 11月〜4月
特徴 大粒で丸みがありほどよい歯ごたえで酸味が少なく甘みが強い。カットしても美しく色づいた紅色であることが特徴。
加工品 ロールケーキ、ジャムなど
選び方 鮮やかで光沢があり、粒が立っていること。傷があるものは避ける。ヘタの周辺が白くないものを選ぶ。
保存方法 傷みが早く、ビタミンCも減少するため、早めに食べきる。
栄養 ビタミンCが豊富で、ペクチンや葉酸も含まれる。
問い合わせ先 和歌山県農林水産部農業生産局果樹園芸課
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/070300/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。