e地産地消

鵡川ししゃも

鵡川ししゃも

名称 鵡川ししゃも
都道府県名 北海道
区分 魚介類
分類 キュウリウオ科シシャモ属
学名 Spirinchus lanceolatus
外国語名 Atka mackere Japanese longfin smelt
生産地 国内では北海道の太平洋岸にのみ生息する。とくに胆振地方の鵡川が有名。
収獲地域情報 鵡川にはアイヌの伝説で、飢饉で困っている人たちに神が魂を入れた柳の葉を流した川という伝説が残る。その葉がシシャモになった。10月〜11月の秋に産卵をするため、生まれ育った河川を遡上するので、河川の水質が味を左右するといわれる。漁獲は河口付近に漁網で捕獲する。川で獲られたものは、魚の皮が厚くなり脂も落ちているので味は劣る。
別名 正式名称は柳葉魚。地方名はスサモ
由来 柳葉魚の語源はアイヌ語のススハム。柳を表すスス、葉を表すハムが変化したといわれる。
歴史背景 かつては秋になると大量に川を遡上する大衆魚だったが、1960年代ころから代用魚のカラフトシシャモが輸入されるようになると、シシャモの名前が全国に知られるようになり、1970年前後から人気が高まった。漁法の進化で乱獲が進み、平成初期に水揚げ量が激減。絶滅危惧種となったため、水揚げ量の制限や漁期を厳格に設けることになった。現在は官民一体で資源保護につとめている。
時期 10月から11月中旬が漁期。急速冷凍されたものが1年中販売されている。
特徴 体全体が飴色をしていて、鱗が大きい。産卵期になるとオスは黒色の婚姻色が出て尻ビレが著しく大きくなる。パンパンに膨れ上がったメスの体内の卵は直径1.5mmぐらいで、体長12cmで約9千粒、体長14cmでは約1万3000粒にもなる。漁が始まった直後のはしりのメスは、卵の量は少ないが、身には脂がのっている。漁期後半になると、卵が成熟して大きくなるが脂が抜けるのでさっぱりした味わいとなる。
料理名 焼きししゃも、刺身、ししゃもずし、ししゃも鍋。柳川鍋、南蛮漬け。フライや天ぷら
調理法 焼きししゃもは一夜干しをさっと焼いて食べる。ししゃも鍋は鮮魚を使う。
加工品 一夜干し、ししゃも漬け、甘露煮、フライ
選び方 一夜干しは光沢のあるきれいなものを選ぶ。乾燥させすぎた魚は身が硬くなる。身が銀色に光っているのはカラフトシシャモ。
保存方法 冷凍庫で保存。
栄養 カルシウム、ビタミンA効力が豊富。タンパク質、鉄分、ナトリウム、カリウムを含む。卵はDHAを含む。
備考 一般的にシシャモとして出回っているのは北太平洋、北大西洋産のカラフトシシャモ(英名:カペリン)。
問い合わせ先 北海道お魚図鑑
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sr/ske/osazu/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。