e地産地消

えりも短角牛

えりも短角牛

名称 えりも短角牛
都道府県名 北海道
区分 牛肉
生産地 幌泉郡えりも町
収獲地域情報 短角牛は厳しい気候条件に強く、風が強い襟裳岬周辺に明治時代の1895年に導入され、放牧飼育されてきた。海から吹き上げる風が運んでくるミネラルが牧草に付着し、牛肉の味をよくする。
別名 正式名称は日本短角種
歴史背景 南部藩を中心に飼われていた南部牛をもとに、1871年にアメリカから輸入されたショートホーンとデアリ−・ショートホーンを交配させた日本短各種。飼育が比較的容易なことから、えりもでは、漁業者の漁閑期を支える収入源として導入された。改良・増殖が重ねられ、えりも短角牛として出荷されるようになった。1990年の牛肉輸入自由化にともない日本短角種が減少したことから、品種を守るため積極的に飼育してきた。
時期 通年
特徴 赤身が強く脂肪分が少ないため、味は淡白だが赤身の味がしっかりしている。霜降り肉人気が高い日本では市場価値が高くなかったが、健康志向もあり、近年需要が増えてきた。放牧されて牧草を食べ、自由に運動して育つ。
料理名 ステーキ、上カルビ、ハンバーグ、ビーフカレー、ビーフシチュー、ローストビーフ
加工品 ビーフジャーキー、ハンバーグ、コロッケ、塩・みそホルモン、ソーセージなど
保存方法 冷凍で保存後、食べる前に冷蔵庫で解凍する。
栄養 脂肪が少ない分、タンパク質が豊富。旨味成分のグルタミン酸、アスパラギン酸、ビタミンB群やヘム鉄も多い。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。