e地産地消

会津地鶏

会津地鶏

名称 会津地鶏
都道府県名 福島県
区分 鶏肉
生産地 南会津郡下郷町、只見町を中心に会津地方全般
収獲地域情報 日本海側の気候特性を持ち、豪雪地帯であると同時に、奥羽山脈と越後山脈に挟まれた盆地であるため、夏は蒸し暑い。そこで育つ会津地鶏は、体が小さく、長く愛玩用に飼われてきた。
由来 平家の落人が持ち込んだといわれる。郷土芸能の会津彼岸獅子の獅子頭に、黒く長い尾羽が使われてきた。県の養鶏試験場が発見し、会津地方の固有種として改良し、農家に供給している。
歴史背景 会津地鶏の尾羽を使う会津若松市の郷土芸能、会津彼岸獅子は天正年間に伝えられたとされることから、会津地鶏は少なくとも400年の歴史を持つ。1987年に県の養鶏試験場が発見してから、養鶏試験場で交配・増殖をして固有種として守り続けてきた。
時期 通年
特徴 黒く長い尾羽が特徴。首および鞍羽(あんう)が白く長い。柳色といわれる緑色の脚を持つ。平飼い形式で飼育されるため、肉にはコクがあり適度な脂がのって歯応えがある。
栄養 タンパク質、脂質のほか、ビタミンA、B2、リンなどが豊富。
問い合わせ先 福島県農業総合センター畜産研究所 養鶏分場
http://www4.pref.fukushima.jp/nougyou-centre/bu_syoukai/bu_tikusan.html

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。