e地産地消

ギンヒカリ(ニジマス)

ギンヒカリ(ニジマス)

名称 ギンヒカリ(ニジマス)
都道府県名 群馬県
区分 魚介類
分類 サケ科サケ属
生産地 前橋市、高崎市、桐生市、渋川市、多野郡神流町、吾妻郡嬬恋村、東吾妻町、利根郡川場村
収獲地域情報 利根川や渡良瀬川の上流域に位置する群馬県は、良質な水が豊富で、川魚の養殖が盛ん。
由来 体の色が銀色を帯びていることから命名。
歴史背景 1987年から県の水産試験場で、ほかのニジマスより成熟が1年遅れて3年かかる家系が見つかったことから、選抜育種し、2002年に群馬県の登録商標とした。
時期
特徴 バイオテクノロジーを使わず選抜育種したニジマス。きめ細かで締りのある肉質。高タンパク低脂肪のあっさりした味わい。
料理名 刺身、スモーク、押し寿司
栄養 タンパク質、カルシウム、DHA、EPAなどが豊富。
備考 ギンヒカリの名称は、群馬県の登録商標。
問い合わせ先 ぐんまあぐりネット
http://www.aic.pref.gunma.jp

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。