e地産地消

ヤマトポーク

ヤマトポーク

名称 ヤマトポーク
都道府県名 奈良県
区分 豚肉
生産地 現在、奈良県内の指定農家8軒を厳選。奈良県畜産技術センターと家畜保健所の行う安心・安全な飼育・衛生管理の指導を受け、豚の健康にこだわり、のびのびとした環境で、約3千頭が飼育されている。
栽培情報 出荷2カ月前は、穀類をベースに、菓子粉やパン粉などを配合した高カロリーの指定統一飼料が与えられるため、肉のなかに上質な脂が適度に入り上品な味わいを生むといわれている。飼育期間は約6カ月、120kg以上に育てられた豚は、奈良県食肉流通センターへ出荷され、日本格付協会の豚枝肉取引規格に基づき格づけされ、認定基準を満たした豚肉だけが「ヤマトポーク」として流通する。
由来 奈良育ちの銘柄豚のため
歴史背景 近年、豚肉にも霜降りのような脂が求められるようになったことから、父豚に、産肉能力に優れたデュロック種、母豚に繁殖能力に優れた大ヨークシャーとランドレースの交雑種をさせた三元交雑豚。奈良県畜産技術センターと奈良県養豚農業協同組合が共同開発し、2008年2月に奈良県産銘柄豚に認証登録された。
時期 通年
特徴 肉のなかに甘味のある上質な脂肪が適度に入り、ジューシーな味わい。品質に対して価格がリーズナブル。
選び方 「ヤマトポーク」のシールを貼られて流通している。淡いピンク色をしているもの。ツヤと弾力のあるもの。
保存方法 冷蔵または冷凍
栄養 タンパク質、脂質を含む。ビタミンB1、B2が多い。
問い合わせ先 奈良県ヤマトポーク流通推進協議会 TEL:0742-27-7450
http://www.yamatopork.com/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。