e地産地消

ハーブ媛ひらめ

ハーブ媛ひらめ

名称 ハーブ媛ひらめ
都道府県名 愛媛県
区分 魚介類
分類 ヒラメ科ヒラメ属
生産地 西予市三瓶町
収獲地域情報 生産者と八幡浜漁協が生産基準を確立。養殖に適した環境の海水をかけ流し式で利用し、陸上養殖施設で水温や衛生管理を徹底して成長によい環境を整え、安心安全を追求している。
栽培情報 食欲増進、免疫強化、抗菌、消臭等などさまざまな自然の効用を持つ4種のハーブ(シナモン、ナツメグ、ジンジャー、オレガノ)とタウリンと、国産の大女子(おおなご)をブレンドした専用飼料(モイストペレット)で育てることで、体内から健康に育てている。
由来 ハーブ飼料で育てたヒラメのため
歴史背景 30年近くヒラメ養殖の実績を持つ西予市三瓶町で、さらに安全かつおいしいヒラメを作ろうと、地域のヒラメ養殖業者8業者が全員参加で生産出荷に取り組んでいる。ブランドは、2010年2月に認定された。
時期 通年
特徴 臭みがなく、風味がよく、引き締まった身質。鮮度も長持ちする。
下処理 ヒラメの表面(表裏同様に)を金たわしで尾から頭に向かって洗い、ウロコやぬめりを取り去る。エラを取り、頭を落として内臓を取り出し、五枚におろす。
中骨、エンガワを落とし、皮を引く。
料理名 薄造り、昆布〆、煮物、焼き物、揚げもの
加工品 骨せんべいに
選び方 体色が鮮やかで、身に張りがあり、肉厚。押してみて硬いもの、表面にぬめりがあり、乾いていないもの。エンガワに厚みのあるものは身が締まっている。エラのなかが鮮紅色なら鮮度が高い。切り身の場合、身に透明感があり、薄いピンク色のもの。
保存方法 鮮度が落ちやすいので、入手した当日に食べるのがおすすめ。保存する場合は、昆布〆に。
栄養 低脂肪高タンパク。カリウム、ビタミンB1、B2、ナイアシンが豊富。エンガワはコラーゲンが豊富で、マグロのトロと同じくらいのDHAとEPAが含まれる。
問い合わせ先 えひめ愛フード推進機構事務局 TEL:089-912-2567
http://www.aifood.jp/sys/pages/brand/
三瓶ヒラメ養殖協議会 TEL:0894-33-1331

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。