e地産地消

たまたま(完熟きんかん)

たまたま(完熟きんかん)

名称 たまたま(完熟きんかん)
都道府県名 宮崎県
区分 果実類
分類 ミカン科キンカン属
学名 Fortunella crassifolia Swingle
外国語名 Kumquat、Cumquat
生産地 宮崎県ほぼ全域
収穫地域情報 きんかんの全国生産量3,500tのうち2,400tが宮崎県で生産されており、約1,000tが完熟きんかんとして出荷されている。
別名 キンキツ
歴史背景 以前は、直径3.3cm以上、糖度が18度以上のものについては「たまたま」、糖度16度以上は「まるかじり」というブランド名だった。2010年から県の基準を満たした完熟きんかんはすべて「たまたま」となり、従来の「たまたま」は「たまたまエクセレント」と呼ぶようになった。現在の「たまたま」の基準は、満開後210日経過し、直径2.8cm以上、糖度16度以上を満たすもの。
時期 1月〜3月
特徴 ハウス栽培で、選果されたあとじっくり熟すため、甘く大きい実となり、生食できる。
料理名 サラダ、和えもの
調理法 皮ごとまるかじりしても苦くない。スライスしてサラダや和え物に。
選び方 大きくてつやがよく、ヘタの切り口がみずみずしいものを選ぶ。重量感のあるものを。
保存方法 低い温度では水分が抜けるので、冷蔵庫には入れない。
栄養 β−カロテン、ビタミンC、カルシウムが豊富。β−クリプトキサンチンも多く含む。
問い合わせ先 みやざきブランド推進本部 TEL:0985-26-7127
http://www.miyazakibrand.jp

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。