e地産地消

太陽のタマゴ(完熟マンゴー)

太陽のタマゴ(完熟マンゴー)

名称 太陽のタマゴ(完熟マンゴー)
都道府県名 宮崎県
区分 果実類
分類 ウルシ科マンゴー属
学名 Mangifera indica L.
外国語名 Mango
生産地 西都市、宮崎市、串間市、日南市、日向市、川南町、南郷町など
収穫地域情報 樹上で熟しきって自然に落ちるものを収穫するため、ひとつひとつの果実をネットで包んで収穫に備えている。
別名 太陽のタマゴ
由来 樹上で熟したものを収穫しているから完熟となる。1998年、宮崎経済連が「太陽のタマゴ」と名づけ、ブランド化をすすめた。
歴史背景 1976年、亜熱帯作物支場で導入されたあと、研究、試験栽培を経て、1986年に本格栽培が始まった。現在、みやざきブランドにも認証されている。
時期 4月〜7月
特徴 熟したものを収穫するため、トロピカルで濃厚な甘みがある。
下処理 冷蔵庫で冷やす。
調理法 生食がおすすめ。
加工品 マンゴープリン、シャーベット、ジュース
選び方 表面の色つやがよく、ブルーム(白い粉)がついていると新鮮な証拠。
保存方法 完熟しているので、追熟の必要はなく、ポリ袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存する。
栄養 β−カロテンと食物繊維が豊富。葉酸やカリウムも含む。
備考 ウルシ科なのでアレルギーに注意。
問い合わせ先 みやざきブランド推進本部 TEL:0985-26-7127
http://www.miyazakibrand.jp

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。