e地産地消

たまふくら(黄大豆)

たまふくら(黄大豆)

名称 たまふくら(黄大豆)
都道府県名 北海道
区分 豆類
分類 マメ科ダイズ属
学名 Glycine max (L.)Merrill
外国語名 Soybeen
生産地 函館市およびその周辺
収穫地域情報 対馬海流の影響を受ける函館市を含む道南地方は、北海道のなかではもっとも温暖な地域で霜が降りるのが遅い。昼夜の寒暖差が激しく、肥沃な農地に恵まれることから、大豆の生産に適しているとして、北海道立中央農業試験場が新品種として開発を進めた。
歴史背景 地産地消にこだわる函館市の大豆などの食品加工メーカー、株式会社だるま食品本舗が、道南地区に合った品種を作ろうと、農家、公立はこだて未来大学、函館地域産業振興財団などと連携し、産学官協同で開発した品種。2007年に誕生した。
時期 枝豆は9月、冷凍枝豆や乾燥大豆は年間を通して出回る
特徴 北海道中央農業試験場で、高級黒大豆として知られる「新丹波黒」と、白くて粒が大きい在来種の「ツルムスメ」を交配して開発した超大粒黄大豆で、従来品の約1.5倍の直径2cmと国内最大級の大きさを持つ。通常の大豆に比べて晩成であることから、道内では秋が長い道南が栽培に適している。もっちりとした歯ごたえと栗のようなほっくりとした甘みがある。ひと粒しか入っていない莢が多いため、旨味が凝縮されている。臭みがないと評判。
料理名 枝豆は茹で豆や豆ご飯として。乾燥大豆は、煮豆、筑前煮、茹でてサラダにも。
調理法 乾燥大豆100gをよく水で洗い、水400ccにひと晩浸けておく。水に浸けたまま塩小さじ1/8杯を加え、火にかける。沸騰したらアクを取りながら、弱火で50〜60分程度茹でる。茹で汁が常にひたひたになるよう適宜水を足す。適度な硬さになったら、茹で汁を切ってできあがり。
加工品 冷凍枝豆、水煮、納豆、豆腐、豆乳、きな粉、ペースト
栄養 完熟大豆には、タンパク質、脂質、ビタミンB1、B2、E、カルシウム、リン、鉄などのミネラル、食物繊維が多い。イソフラボンやサポニン、レシチンなどの機能成分も含まれる。また、枝豆には完熟大豆にはないビタミンCが含まれている。
問い合わせ先 渡島総合振興局
http://www.oshima.pref.hokkaido.lg.jp/ss/srk/shokusai/b02/b02002.htm

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。