e地産地消

ハタハタ

ハタハタ

名称 ハタハタ
都道府県名 秋田県
区分 魚介類
分類 ハタハタ科ハタハタ属
学名 Arctoscopus japonicus
外国語名 Japaniese sandfish
生産地 カムチャッカ半島から鳥取県まで、オホーツク海、日本海に広く生息。秋田県では八峰町八森地区、男鹿市北浦・船川地区、にかほ市金浦・象潟地区がとくに多い。
収獲地域情報 秋田県沿岸をおもな産卵場とする日本海北部系群と呼ばれるハタハタは、ふだんは水温1〜2℃、水深250〜300mの水深帯に生息し、青森県から石川県の沖合を回遊している。11〜12月に十分に成熟したハタハタが、水温が下がった秋田県沿岸のホンダワラ藻場に産卵のため押し寄せ、海藻の茎を巻き込むように産みつける。卵塊は直径3〜6mmで、ゴルフボールのような形状である。
別名 カミナリウオ(過去の記述による)
由来 雷が鳴る初冬、沿岸に押し寄せる魚を見て、人々は「はたたかみ(霹靂神)」の使いと考えた。はたたかみとは、雷神を意味する古語。それが転じてハタハタとなったとする説が有力。
歴史背景 古くから厳冬の到来とともに始まるハタハタ漁は、秋田の風物詩だった。江戸時代以前から地引網や刺し網で漁獲していた記録がある。佐竹藩の財政を支えていたといわれ、佐竹魚とも呼ばれていた。秋田音頭にも歌われ、地元で長く親しまれてきた魚である。献上品としても200年の歴史を持つ。しかし、昭和半ばの乱獲や開発による海洋環境の変化により漁獲量が激減。1991年には過去最低の漁獲量まで落ち込んで3年間の禁漁に踏み切る。解禁に際しては、「漁獲しながら増やす」を基本とした資源管理計画を策定したほか、稚魚の放流や産卵場の造成などにより、資源回復を推進した。
時期 沿岸部では12月、沖合漁業では10〜6月
特徴 全長20cmほどの比較的小型の魚で、背側に特徴的な、灰茶色っぽい模様があり、腹はピンク味を帯びた白、胸鰭は黄色い。鱗がない。淡白な白身を味わうほか、ブリコと呼ばれる卵のプチプチとした歯応えが好まれる。塩漬けにして発酵させた魚醤、しょっつるなどに利用される。
下処理 頭と胸ビレを落とすだけでよい。産卵期にはハラワタがほとんどなく、頭も落とさず鍋に入れる。
料理名 しょっつる鍋、塩焼き、煮魚、田楽、ハタハタ寿司、ぬか漬け、ハタハタ汁、フライなど
加工品 しょっつる、ハタハタ鮨、三五八漬(麹漬)、佃煮、みりん干し。しょっつるは、塩とハタハタだけで発酵させた魚醤
選び方 目が澄んで身に厚みがあるもの、体色が黒光りしているものを選ぶ。ぬめりがあり、全体にツヤがあること。
保存方法 冷蔵庫で保存する。1週間程度保存可能。
栄養 タンパク質、脂質が多い。EPAやDHAを含む。カルシウム、カリウム、マグネシウムなどのミネラルが豊富。
問い合わせ先 秋田県農林水産部農業経済課 TEL:018-860-1763

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。