e地産地消

鹿島灘はまぐり

鹿島灘はまぐり

名称 鹿島灘はまぐり
都道府県名 茨城県
区分 魚介類
分類 マルスダレガイ科ハマグリ属
学名 Meretrix lusoria
外国語名 Common orient clam
生産地 鹿島灘
収獲地域情報 那珂川以南の大洗町から神栖市に至る太平洋岸沿岸の鹿島灘は、黒潮と親潮がちょうどぶつかること、そして大陸棚が広く続くことから、県下有数の漁業基地となっている。鹿島灘はまぐりの良好な漁場として知られる。はまぐりは水深2〜6mの砂地に生息。漁は貝桁網という手法で行われる。資源保護のために計画漁獲を行い、茨城県栽培漁業センターでは稚貝の研究、放流などを行なっている。
別名 チョウセンハマグリ
由来 ハマグリの名は、浜にあって栗に似ていることから来たとの説が有力。
歴史背景 縄文時代の貝塚からもっとも多く出土する貝であり、古来日本各地で親しまれてきた。平安時代の貴族の遊び、貝合わせにもはまぐりが使われていた。しかし近年、水質汚染などで絶滅危惧種に指定されるほど減少している。9割を輸入に頼るなかで、国産の半数以上を占めるのが鹿島灘はまぐりである。資源を守るために厳しい漁獲制限がかけられており、大洗、鹿島灘、波崎、波崎共栄の 4つの漁協が協力しながら計画的に操業を行っている。
時期 12月〜3月
特徴 鹿島灘の外洋の砂浜に生息し、個体ごとに色が異なる。殻はなめらかでつやがある。内湾の干潟に生息する通常のハマグリと比べてとても大玉。 身が薄く調理すると身が小さく硬くなる輸入ものに対し、身が厚く、調理してもやわらかくおいしい。
料理名 酒蒸し、炭火焼き、潮汁、炊き込みご飯、カレー
調理法 ひたひたになる程度の2〜3%の塩水に浸け、薄暗い場所にひと晩置いて潮を吹かせる。貝と貝をすり合わせて汚れとぬめりを取ってから料理に使う。
選び方 殻にツヤがあり、打ち合わせてカチカチと澄んだ音がするものを選ぶ。
栄養 ビタミンB1、B2、鉄、亜鉛などが多い。コハク酸、グリシン、アラニン、グルタミン酸などの旨味成分も豊富。
問い合わせ先 いばらき うまいもんどころ
http://www.ibaraki-shokusai.net

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。