e地産地消

ローズポーク

ローズポーク

名称 ローズポーク
都道府県名 茨城県
区分 豚肉
生産地 東茨城郡、下妻市、古河市など
収獲地域情報 農業県である茨城県は、豚肉の産地としても全国2位。ローズポークを名乗れるのは、飼育する豚が7世代にわたって選抜された系統豚であること、衛生管理や出荷実績など厳しい条件をクリアしたものだけ。
由来 肉色が淡いピンクのバラのような色をしていることと、県の花「バラ」にちなんで1981年に命名。
歴史背景 水戸藩主だった徳川慶喜も好んだといわれるほど、豚肉生産の歴史は長い。ローズポーク誕生のきっかけは、県が1970年からランドレース種の系統化に着手したこと。母豚を7世代にわたり選抜し、1979年には「ローズL」が日本で初めて系統豚第1号に認定。その後、系統豚のランドレース種、大ヨークシャー種、デュロック種の掛け合わせによる三元豚が完成。この品質に優れた系統豚の交配によって誕生した。2002年の全国銘柄食肉コンテストで最優秀賞に輝く。
時期 通年
特徴 ランドレース種、大ヨークシャー種、デュロック種という3つの品種の系統豚を交配した、系統豚を用いることで品質にバラツキの少ない豚肉生産をする。飼料も、子豚のころから出荷するまで指定されたものを使うなど、厳しいブランド管理のもとで県内39の指定生産者のみが飼育する。生後4〜約6カ月までは大麦15%添加の飼料を与えることで、キメ細やかでやわらかい肉質となる。赤身に脂身が入る霜降り状で光沢がある。
料理名 ロースカツ、ポークステーキ、豚しゃぶ、角煮、生姜焼き
加工品 ソーセージ、ハム、ベーコン
栄養 タンパク質は必須アミノ酸をバランスよく豊富に含む。ビタミンB1が多く、そのほかのビタミンB群、A、D、Eなどを含む。カリウム、ナトリウム、リン、マグネシウム、鉄、亜鉛などのミネラルも多い。
問い合わせ先 いばらき うまいもんどころ
http://www.ibaraki-shokusai.net

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。