e地産地消

春菊(菊菜)

春菊(菊菜)

名称 春菊(菊菜)
都道府県名 大阪府
区分 野菜類
分類 キク科キク属
学名 Chrysanthemum coronarium L.
外国語名 garland chrysanthemum(英)、Japanisches Blattgemuse(独)
生産地 堺市、岸和田市、貝塚市など
収穫地域情報 大阪府の産地、堺市、岸和田市、貝塚市は大和川以南、泉州地方に属する。温暖な地域で、南から北へ階段状に傾斜し、丘陵地から海岸線の低地へと移行している。 府内農地の約38%を占める農業地帯である。
別名 関西では菊菜とも呼ぶ。
由来 一般的に菊の花は秋に咲くのに対し、春に花が咲く菊ということから「春菊」と呼ばれるようになった。
歴史背景 原産地はトルコ、ギリシャなどの地中海沿岸地方。室町時代までには伝わっていたとされ、江戸時代の農書「農業全書」や「菜譜」には栽培方法が記載されている。
時期 10月〜3月
特徴 関東では葉に厚みがあり、ふちの切れ込みが深く、上に向かって伸びる中葉種が主流だが、大阪では同じ中葉種でも、株が横に張っている「株張り」型が定着している。鮮度を保つために根つきで出荷できるからというのがその理由。
料理名 鍋もの、おひたし、サラダ、天ぷら
調理法 アクが多い野菜なので、生で食べる場合は、葉先だけを使う。火を通す場合は茎も使う。
選び方 葉がピンとハリがあり、緑が濃いものを選ぶ。茎は太過ぎないものを。
保存方法 軽く湿らせて、新聞紙で包んでポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室に立てて保存する。
栄養 β−カロテンが豊富。カルシウム、鉄も多い。
問い合わせ先 大阪府環境農林水産部農政室推進課
http://www.pref.osaka.jp/nosei/naniwanonousanbutu/tokusanhin.html#syungiku

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。