e地産地消

大阪しろな

大阪しろな

名称 大阪しろな
都道府県名 大阪府
区分 野菜類
分類 アブラナ科アブラナ属
学名 Brassica campestris. var amplexicaulis Tanaka et Ono
生産地 大阪市、松原市、門真市、八尾市、堺市、岸和田市
収穫地域情報 商業の町として栄え、「天下の台所」と呼ばれた大阪は、古くから近郊栽培が盛んで、伝統野菜の種類が多い。近年、その復刻と振興に力を入れており、大阪しろなも伝統野菜のひとつ。現在も大阪市およびその周辺で主に栽培されている。
別名 天満菜
由来 天満菜(てんまな)との呼び名は産地にある天満市場に由来するもの。のちに天満が大阪にあることから大阪しろなと呼ばれるようになった。
歴史背景 栽培は江戸時代に遡るといわれるが、明治初年には、大阪市中心部の天神橋や天満橋付近で盛んに栽培されていたといわれ、明治の終わりごろから市内の東淀川区、城東区、住吉区と周辺地域にも栽培が広がっていった。
時期 通年
特徴 胴部が締まって葉先が広がる半結球性の白菜の一種。栽培がしやすく、とくに短期栽培に適している。早生種は葉色が淡緑、葉柄と葉脈は鮮明な白で、葉柄は平茎で葉脈の粗い丸葉である。中生種には黄葉系と黒葉系があり、葉は倒卵形で葉脈は鮮明な白色で平軸である。晩生系統は「晩白」とよばれ、耐寒性が強い。アクが少なくてやわらかく、あっさりした味わいが特徴。
料理名 おひたし、漬け物、胡麻和え、炒め物、鍋物
調理法 根元の固いほうから先に火を通す。
選び方 葉先までピンとハリがあるみずみずしいものを選ぶ。肉厚なものがよい。
保存方法 新聞紙に包んでポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室に立てて保存する
栄養 β−カロテン、ビタミンK、葉酸、カルシウム、鉄、食物繊維などを含む。
問い合わせ先 大阪ブランド情報局
http://www.osaka-brand.jp/dokkoi/yasai/index15.html

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。