e地産地消

広島産牡蠣

広島産牡蠣

名称 広島産牡蠣
都道府県名 広島県
区分 魚介類
分類 イタボガキ科マガキ属
学名 Crassostrea gigas
外国語名 oyster
生産地 広島湾岸
収獲地域情報 島や岬に囲まれた広島湾は、静かな波と適度な潮の流れで養殖筏が安全に設置できるため、牡蠣の養殖に適している。また、河川から流れ込む水が適度な塩分濃度を保っている。
別名 真牡蠣
歴史背景 縄文時代や弥生時代の貝塚から牡蠣の殻がでてくるなど、広島湾では古くから天然の牡蠣が獲れていた。牡蠣の養殖は室町時代に遡るが、どのような方法だったかは不明。しかしさまざまな工夫がなされ、大正末期に開発された筏式垂下法が太平洋戦争後に普及し、生産量が大きく増加した。現在、全国1位の生産量を誇り、50%以上のシェアを誇る。
時期 10月〜5月
特徴 特有の風味となめらかな食感がある。
下処理 むき身はザルに入れ、流水で振り洗いする。
殻つきはオーブン、電子レンジで加熱し、2〜3mmの口が開いたら、ナイフなどを平らな内面に差し込み貝柱を切って開ける。
料理名 生食、酢ガキ、カキ鍋、フライ、釜めし、焼きもの
調理法 殻つきの場合、殻の深いほうを下にして、アルミ箔に包んでオーブンで。または、ラップをして電子レンジで。フライパンを使う場合は蓋をし、殻の口が開くまで焼く。
加工品 燻製、オイル漬け、カキ醤油
選び方 乳白色でふっくらした身と締まった黒いひだを持つものが新鮮。
保存方法 殻つきは生ものなので、十分に加熱して早めに使いきる。
栄養 「海のミルク」といわれるほど栄養分が高い。タウリンをはじめ、グリコーゲン、タンパク質、ミネラル、ビタミンが豊富。鉄や銅、亜鉛などの機能も見逃せない。ビタミンE、A、B6、B12が含まれる。
問い合わせ先 広島県漁業協同組合連合会 TEL:082-278-5588
広島観光事典
http://www.kankou.pref.hiroshima.jp/etajima/buy/1505.html

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。