e地産地消

広島わけぎ

広島わけぎ

名称 広島わけぎ
都道府県名 広島県
区分 野菜類
分類 ユリ科ネギ属
学名 Allium×wakegi
外国語名 Wakegi, Wakegi green onion
生産地 尾道市、三原市、広島市など
収穫地域情報 瀬戸内気候のため、温暖で年間を通して降水量が少ない。海と山が迫り、平地が少ない土地柄である。
別名 漢字で「分葱」と書く。
由来 根元がたくさんの株に分かれており、株分け法により短時間に繁延するので「分葱(わけぎ)」という名前がついた
歴史背景 昔は南西諸島など亜熱帯地域でよく栽培されていた。広島では、1907年ころに三原市の木原地区で産地化が始まり、尾道市など周辺に産地が広がった。
時期 9月〜4月
特徴 ネギとエシャロットの雑種。独特の香りがあり、熱を通すと甘味が増す。ネギ特有の辛味は少ないので食べやすい。広島わけぎは全国のシェア約60%を占める。
料理名 ぬた和え、サラダ、キムチ鍋、ギョーザ、お好み焼き
加工品 広島わけぎ餃子
選び方 全体にはりがあり、葉の色が鮮やかでみずみずしく、根元の白さがはっきりしているもの。
保存方法 濡れた新聞紙に包んでポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存する。
栄養 β−カロテンが豊富。ビタミンC、E、食物繊維も含む。
問い合わせ先 広島観光事典
http://www.kankou.pref.hiroshima.jp/onomichi/buy/0299.html

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。