e地産地消

なると金時

なると金時

名称 なると金時
都道府県名 徳島県
区分 いも及びでん粉類
分類 ヒルガオ科サツマイモ属
学名 Ipomoea batatas L.
外国語名 sweet potato
生産地 北東部の砂地地域(鳴門市、北島町、松茂町、徳島市)
収穫地域情報 従来からの砂地である砂丘畑と、海砂を運んできた砂地畑で栽培されている。水はけのよい海水のミネラルをたっぷりと含んだ砂地で、質のよいなると金時が作られる。
別名 さつまいも
由来 中身が黄金色をしているイモを「金時イモ」と呼んでいたことから地名を「なると金時」と名づけられた。
歴史背景 1945年に高知県で誕生した高系14号の改良種として1979年に誕生した品種。この地域では、塩分濃度の高い土壌のため農作物が育たなかったが、1980年ごろからさつまいもを栽培したところ、水はけがよくミネラル分を豊富に含んだ土壌が適合し、生産が拡大した。健康ブームにのって「なると金時」の名は全国に広まり、2007年地域団体商標として認められた。
時期 7月〜8月中旬に「さぐり堀り」といわれる早出し物が出荷される。 本格的な収穫は8月中旬〜11月上旬だが、食べごろは11月〜2月
特徴 ムラの無い美しい紅色の皮とクリーム色の果肉をもつ。温暖な気候と、吉野川下流の良質の砂地畑で育つことから、ほくほくとした食感と、上品な甘みがある。
下処理 水で洗い、表面の汚れを取る。皮のまま利用できる。
料理名 焼き芋、ふかし芋、大学芋、天ぷら、煮物など
調理法 オーブンなどでじっくり加熱すると甘味が増す。
加工品 いも焼酎、スイーツ
選び方 ふっくらと太いもの、鮮やかな紅色をしているもの、ずっしりと重みを感じるものを選ぶ。細い物は繊維質が多い。
保存方法 保存の適温は10℃〜17℃ぐらい。風通しのよい冷暗所で保存する。
栄養 炭水化物を多く含むが、蒸しイモの場合、カロリーは白飯と比べるとやや低い。カリウムを多く含む。ビタミンC、B1、食物繊維が豊富。
問い合わせ先 新鮮なっ!とくしま通信
http://www.pref.tokushima.jp/nattoku/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。