e地産地消

長崎ブロッコリー

長崎ブロッコリー

名称 長崎ブロッコリー
都道府県名 長崎県
区分 野菜類
分類 アブラナ科アブラナ属
学名 Brassica oleracea var. italica
外国語名 Broccoli
生産地 佐世保市、西海市、雲仙市、壱岐市、五島市
収穫地域情報 適度な降雨など気候条件がブロッコリー栽培に最適。
栽培情報 徹底した土づくりと肥料管理といった手間をかけて、見た目や味の評価が高い。また、ブロッコリーは鮮度が落ちやすいため、出荷の際に氷詰めにするなどの工夫をしている。
別名 和名は、ミドリハナヤサイ、メハナヤサイ
由来 ブロッコリーの語源はイタリア語で、「芽、茎」という意味の単語「ブロッコロ」からきている。
歴史背景 イタリアを中心とした地中海沿岸が原産地でヨーロッパにも広く浸透した。日本には明治時代初期に渡来したといわれ、戦後に本格的な栽培が始まった。近年、栄養価の高いブロッコリーの需要が高まってきたため、栽培面積を拡大し、品質の向上に努めている。
時期 10月〜6月
特徴 ぎゅっと締まった鮮やかな緑色の蕾。土作りや肥料にこだわった高品質が特徴。
料理名 サラダ、スープ、シチュー、炒めもの、天ぷら
調理法 茎の部分の外皮は、繊維質で硬いため、むいてから調理する。また、茹でてサラダにするのがポピュラーな食べ方だが、酢やドレッシングをかけると、酸のはたらきで緑色が褐変するので、食べる直前にドレッシングをかけるとよい。
選び方 つぼみが小さく粒が揃い、きっちりと詰まっているものを選ぶ。房と房の間に隙間ができているものは避ける。色は鮮やかで濃い緑色のもの。軸の切り口が、みずみずしく変色していないかを確認する。
保存方法 袋に入れるかラップに包んで、冷蔵庫の野菜庫で立てて保存。下茹でしたものは、水気を十分にきって、キッチンペーパーを敷いた密封容器などに入れて冷蔵庫に入れる。冷凍保存する場合は、塩ゆでしてからラップに包んで冷凍庫に入れる。
栄養 β−カロテン、ビタミンB群、C、葉酸、食物繊維を豊富に含む。また、スルフォラファンを含むことでも注目されている。
問い合わせ先 めぐみの長崎
https://www.pref.nagasaki.jp/bunrui/kanko-kyoiku-bunka/kanko-bussan/megumi/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。