e地産地消

長崎びわ

長崎びわ

名称 長崎びわ
都道府県名 長崎県
区分 果実類
分類 バラ科ビワ属
学名 Eriobotrya japonica
外国語名 loquat
生産地 長崎市、南島原市、西海市、壱岐市
収穫地域情報 海に囲まれた温暖な気候は、デリケートで気象条件の影響を受けやすいびわの栽培に適している。長崎は、日本で最大のびわ産地となっている。
栽培情報 露地栽培が中心だが、日照りの害から果樹を守るため、近年ではハウス栽培も積極的に行われるようになった。
別名 正式品種名は、茂木種、長崎早生、福原早生(商品名:長崎甘香)、涼風、なつたより。「長崎びわ」は、これらの総称。
由来 長崎びわの主な品種のひとつである「茂木」は、長崎市茂木地区で栽培が普及したことからこの名がついた。
歴史背景 「茂木」は、江戸時代に地元の女性が唐びわの種子をもらい受け、それを播いたことが始まりといわれている。それ以降、長崎の代表的な特産品となったびわ。近年では、ビニールハウスによる促成栽培も行われている。
時期 2月〜6月
特徴 酸味が少ない「茂木種」。みずみずしい食感の「長崎早生」。一般的なびわより実が大きい「福原早生」。糖度が高くまろやかな甘さの「涼風」。ジューシーでとろけるような食感が特徴の「なつたより」。このように、品種によって味や食感などの特徴が異なる。
調理法 非常に傷みやすいため、ゴシゴシとこすって洗うのは避けて。洗う際は、食べる直前に軽くすすぐ程度にする。皮は、手でおへそ側から軸のほうへむく。種とその周りにある白い部分(渋皮)を取り除いて食す。
加工品 缶詰、ゼリー、ジャム
選び方 きれいなオレンジ色で、表面に傷や茶色くなった部分が無いもの。産毛がしっかりと残っているものを選ぶ。
保存方法 購入後はなるべく早めに食べるのがおすすめ。冷蔵庫に入れると傷みが早くなるため、冷暗所に保存し常温で食べる。冷やす場合は、食べる直前に冷蔵庫に入れる。
栄養 果実には、β−カロテンや食物繊維、クエン酸などが含まれている。
問い合わせ先 めぐみの長崎
https://www.pref.nagasaki.jp/bunrui/kanko-kyoiku-bunka/kanko-bussan/megumi/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。