e地産地消

ヤシオマス(ニジマス)

ヤシオマス(ニジマス)

名称 ヤシオマス(ニジマス)
都道府県名 栃木県
区分 魚介類
分類 サケ科サケ属
学名 Oncorhynchus mykiss (Walbaum)
外国語名 rainbow trout
生産地 那須塩原市、日光市、鹿沼市、宇都宮市など
収獲地域情報 広大な平野が広がる栃木県。北西部には豊かな自然が残る山岳地帯が広がる。日光連山は、標高2,000m以上の諸火山が連なって、諸河川の源になっている。鬼怒川は中部を、渡良瀬川は群馬県との県境を流れて利根川に合流し、那珂川は八溝地域から茨城県に入り、いずれも太平洋に注いでいる。
由来 サーモンピンクの肉の色合いから、県花である「ヤシオツツジ」にあやかり名づけられた。
歴史背景 栃木県水産試験場で、成熟して栄養が精巣や卵巣に行って肉質が落ちるのを防ぐため、品種改良されたニジマス。2008年にヤシオマスとして商標登録された。
時期 通年
特徴 脂のノリがよく、淡水魚特有の臭みがほとんど感じられない。美しく鮮やかなサーモンピンクの肉色が特徴。管理釣り場で釣りをすることもできる。
料理名 刺身、マリネ、カルパッチョ、ムニエル、焼き物、薫製、鍋ものなど。
栄養 タンパク質、カルシウム、DHA、EPAなどが豊富。
備考 ヤシオマスは栃木県の登録商標

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。