e地産地消

栃木産にら

栃木産にら

名称 栃木産にら
都道府県名 栃木県
区分 野菜類
分類 ユリ科ネギ属
学名 Alium tuberosum
外国語名 chinese chive
生産地 鹿沼市、大田原市、上三川町など
収穫地域情報 栃木県平野部のおもに水田地帯で生産。
由来 「美味」であることを指す古名「ミラ」が転訛して「ニラ」となったという説、独特の臭気があることから「ニホヒキラフ」の略とする説などがある。
歴史背景 ニラは古くから日本でも栽培され、古事記や日本書紀にも登場する。長く薬用とされてきたが、明治になり、野菜として家庭菜園などで栽培されるようになった。八百屋の店頭に並ぶようになったのは、中華料理が家庭料理に入ってきた戦後。栃木県では、高度成長期の後半に、鹿沼地方に冬季の収入源として導入された。1970年に減反政策による転作の作物の導入としてニラを取り入れた産地が増えたことに、緑黄色野菜への需要増が加わり、県内各地で栽培されるようになった。
時期 通年
特徴 暑さにも寒さにも強く、刈り取ってもまた生えてくる生命力の強さを持つ。食べると体が温まり精力がつく野菜として重宝されてきた。独特の香りが魚や肉の生臭さをやわらげ、食材の旨みを引き出す。栃木県産のニラは、有機質肥料を施しじっくり育てているため、甘味があって風味がよく味に深みがある。栃木県は全国1、2位を争うニラの産地。その主産地である鹿沼地方では、蕎麦の上にたっぷり載せて食べるニラそばが人気。
料理名 餃子、炒めもの、スープ、ちぢみ、そばなど
選び方 葉先までピンと伸びていて、ハリがあるものの鮮度が高い。葉が濃い緑色で、肉厚なもの、茎に弾力性があり、手で持ったときにあまりしならないものがよい。
保存方法 乾燥しないよう濡れた新聞紙などに包んでポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室に立てて保存する。3〜4日で使い切る。
栄養 β−カロテン、ビタミンC、葉酸、カリウムなどが豊富。独特の香りは硫化アリル。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。