e地産地消

五ヶ所小梅

五ヶ所小梅

名称 五ヶ所小梅
都道府県名 三重県
区分 果実類
分類 バラ科サクラ属
学名 Prunus mume
外国語名 Japanese apricot
生産地 五ヶ所湾に面する南伊勢町南勢地域
収穫地域情報 五ヶ所湾に面する南勢地域は、適度な潮風が吹き、小梅の生育に適度なストレスを与えるため、高品質な果実を育む。
栽培情報 三重の伝統果実にも選定されている五ヶ所小梅。剪定技術などの研究を重ねながら品質を高め、厳格な品種保存と管理によって守り続けている。また、苗木は産地で管理し、外部への流出を規制している。
由来 五ヶ所湾に面する南伊勢町南勢地域で作られていることから。
歴史背景 地元の農家によって栽培が始まったのは200年前からといわれている。1975年代以降は、優良なものを選定して本格的な栽培をはじめ、剪定技術などの研究を重ねながら、品質を高めてきた。
時期 多く出回る時期は5〜6月ごろ
特徴 形と色合いが真珠のようであることから、「パール小梅」と呼ばれる。肉厚で、加工すると果肉がとろけるようにやわらかなのが特徴。梅干しにすると色は鮮やか。
下処理 洗ってから、水に浸けてアクをとり、水気をしっかり切る。梅のヘタの部分は、苦みの元となるので、竹串で取り除く。
料理名 梅干し、梅シロップ、梅酢みそ、梅ジュース、梅酒、梅ジャム
調理法 下処理をしてから、梅干し、梅シロップ、梅酢みそ、梅ジュースなどにする。
加工品 梅干し、カリカリ梅、梅シロップ、梅ジュースなど
選び方 表面に傷や斑点のないもの。丸みがあり香りがよいものを選ぶ。
保存方法 常温の冷暗所でポリ袋に包んで保存。長期間の冷蔵庫での保存は、低温障害を起こすことがあるので避ける。
栄養 カリウム、クエン酸、リンゴ酸
備考 未熟なウメ果実には青酸配糖体が含まれるため、生食はせず、一般に緑色で熟したものを加工して食する。
問い合わせ先 三重県 農林水産部 フードイノベーション課
TEL:059-224-2395 e-mail:f-innov@pref.mie.jp

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。