e地産地消

飛騨牛

飛騨牛

名称 飛騨牛
都道府県名 岐阜県
区分 牛肉
収獲地域情報 「飛山濃水」と表現される岐阜県は、清らかな水と豊かな大地、澄んだ空気など自然環境に恵まれ、和牛の肥育環境にも最適。
栽培情報 飼養期間がもっとも長い場所が岐阜県で、飛騨牛銘柄推進協議会登録農家制度にて認定・登録された生産者により14カ月以上肥育された黒毛和種のうち、社団法人日本食肉格付協会により、5等級、4等級、3等級と格づけされたもの。「飛騨牛」と認定されたものには、等級、生産者、個体識別番号、認定日を記載した飛騨牛表示ラベルを交付。
由来 岐阜県飛騨地方を中心に飼育されていることから。
歴史背景 飛騨地域では、昭和20年代には、田畑を耕す農耕用も兼ねた牛の飼育が行われていたが、農業の機械化により次第に肉用専門への転換が進み、昭和40年代には肉質や体格の改良に取り組んでいた。1977年ころから、官民一体で優秀なブランド和牛づくりに取り組み始め、1981年に岐阜県が購入した兵庫県生まれの種牛が、以後の岐阜県産ブランド和牛の躍進に貢献した。一方、大垣市の(株)吉田ハムが、地場産業の発展や町おこしなど地域活性化の取り組みとして、1984年に飛騨牛の商標登録を取得して、普及、販売に努めていた。また、岐阜県産牛肉の銘柄統一と推進にも積極的に協力したため、「飛騨牛」は岐阜県産のブランド和牛として全国的にその名を知られるようになった。5年に1度開催され、和牛のオリンピックといわれる「全国和牛能力共進会」では、2002年の第8回に日本一に輝き、また、2012年「第59回近畿東海北陸連合肉牛共進会」では、神戸牛、松坂牛、近江牛をおさえて、最優秀賞を受賞している。
時期 通年
特徴 脂肪の交雑が網の目のように細かく、鮮やかなピンクの肉色。脂身の融点が低いので、とろけるような旨味が口のなかに広がる。
料理名 ステーキ、すき焼き、しゃぶしゃぶ、焼肉など
加工品 飛騨牛カレー、飛騨牛炊き込みご飯の素、飛騨牛まん、飛騨牛ジャーキー、飛騨牛メンチカツなど
問い合わせ先 岐阜県農政部農産物流通課 TEL:058-272-8417, 8418
http://www.pref.gifu.lg.jp/soshiki/nosei/nosan-butsuryu/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。