e地産地消

花咲ガニ

花咲ガニ

名称 花咲ガニ
都道府県名 北海道
区分 魚介類
分類 タラバガニ科タラバガニ属
学名 Paralithodes brevipes
外国語名 hanasaki crab
生産地 えりも岬から納沙布岬にかけての太平洋と、根室半島北側のオホーツク海に分布し、沿岸近くに生息する。
別名 コンブガニ、イソガニ、ハナサキ
由来 根室市の花咲港で多く水揚げされたからとも、ゆでると花が咲いたようにみごとな朱色になるからともいわれる。
歴史背景 1970年代までの乱獲により漁獲高が大幅に減少したため、1981年から生態の解明や資源量の把握などに務めてきた。根室市水産研究所が1994年から10年がかりで人口育成種苗に成功し、現在は、育成したものを放流している。
時期 4月〜9月
特徴 集団で生息し、動植物を何でも餌とする。甲羅に無数の刺があるが、その身はやわらかい。鮮度が落ちやすいため、地元で食べられることが多い。濃厚な旨みと食べ応えのあるプリプリとした身が特徴。
料理名 煮ガニ、茹でガニ、焼きガニ、ぶつ切りを味噌仕立てにした鉄砲汁
調理法 軍手などをはめ、カニを裏返し、「ふんどし」と呼ばれる腹部のふたのようになっている部分を切り取る。裏返して、腹部を押さえ、親指をかけて甲羅を外す。脚のつけ根にあるエラをハサミで切り取る。胴肉と脚の間の関節部を切る。胴肉の目、口などを取り半分に切る。更に半分に切る。脚は関節ごとに切り離し、太い部分はとげの多い表側に2本の切れ目を入れる。その他の部分も、細いところは、裏側に1本切れ目を入れ、爪は縦半分に切る。
加工品 冷凍、ボイル、鉄砲汁用パック(カットしたもの)
栄養 高タンパク質で脂肪は少ない。茹でると赤くなるのは、アスタキサンチンというカロテンの色による。タウリンも多い。
問い合わせ先 根室漁業協同組合 TEL:0153-25-3100

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。