e地産地消

鮭児

鮭児

名称 鮭児
都道府県名 北海道
区分 魚介類
分類 サケ科タイヘイヨウサケ属
学名 Oncorhynchus keta
外国語名 chum salmon,chum,dog salmon
生産地 北海道太平洋側およびオホーツク海沿岸
収獲地域情報 ロシアのアムール川に回帰してゆく白鮭の児とされている。ベーリング海を回遊し、日本へ回帰して行く日本の河川産まれの鮭の群れに紛れ込み、北海道の太平洋及びオホーツク海沿岸の沖合いの定置網で漁獲される。
時期 10月〜11月中旬
特徴 3kgに満たない未成熟の若いシロザケで、サケ定置網に3,000本に1本くらいしか掛からないので幻の魚といわれる。精巣、卵巣が未発達なので雄、雌の区別がつかない。脂肪の比率が通常の鮭より極めて高く、とろけるような味わいがある。
料理名 刺身、塩焼き、石狩鍋など
保存方法 冷凍庫、冷蔵庫で保存
栄養 通常のサケより脂肪分を多く含む。ビタミンA,E,B1,B2などが多い。
問い合わせ先 羅臼漁業協同組合
(市場) http://www.jf-rausu.jp/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。