e地産地消

伯爵じゃがいも

伯爵じゃがいも

名称 伯爵じゃがいも
都道府県名 北海道
区分 いも及びでん粉類
分類 ナス科ナス属
学名 Solanum tuberosum L.
外国語名 potato(英)、pomme de terre(仏)
生産地 中標津町
収穫地域情報 根釧原野と呼ばれる広大な波状丘陵地が広がる地域。標津川の中流域に当たる。酪農やじゃがいも、大根、ブロッコリーなどの生産が盛ん。
別名 正式品種名はワセシロ。新じゃが、ネオ男爵、キング伯爵などの名でも売られている。
由来 男爵いもより上質という誇りから、中標津町で伯爵と名づけた。
歴史背景 北海道立根釧農業試験場で、1962年に「根系7号」を母、「北海39号」を父として交配し、1974年に北海道の優良品種に決定されたもの。2008年に中標津町が伯爵の名で商標登録した。
時期 10月〜3月
特徴 肥大が速く、大きくなっても中心空洞が発生しにくい。いも数は少なく粒が大きい。舌触りがよく、クセがないホクホクの味わい。越冬してからは、甘みと粘性が増し、更においしくなる。
料理名 粉ふきいも、ポテトサラダ、フライドポテトなど
加工品 ポテトチップス、じゃがいも焼酎など
選び方 芽が出たり、皮が緑色になると有毒成分が生じるため、芽が出ていないこと、皮が緑色になっていないことを確かめる。
保存方法 暗く、風通しのよいところに保存する。
栄養 主成分は炭水化物。ビタミンCが多く含まれる。カリウム、クロロゲン酸(ポリフェノール)、食物繊維なども多い。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。