e地産地消

前沢牛

前沢牛

名称 前沢牛
都道府県名 岩手県
区分 牛肉
生産地 奥州市前沢区
収獲地域情報 奥州市前沢区は、古くから北上川を利用した交通の要衝地で、北上川中流の河港、陸羽街道の宿駅として開けてきた。米作地帯として知られる。牛の飼育に適した冷涼な気候と、北上川伏流水の良質な水、良質な稲わらや飼料により前沢牛が肥育される。
歴史背景 前沢で牛は長らく農耕・運搬用として飼育されていた。電動力耕うん機の導入により、繁殖と肉用肥育牛として飼育されるようになった。しかし、1969年に初めて東京食肉市場に出荷したところ、「岩手のガリ牛」といわれ、散々な結果に終わる。そこで、種牛に兵庫牛を、繁殖牛に島根牛をそれぞれ導入したところ相性がよく、上質の肉が得られた。その後も農協が市場の反応を農家に伝える情報収集や、農家同士の交流による情報交換に努める。また、種づけから肥育まで地域一貫体制で取り組んだ。1978年には東京食肉市場の通常出荷で、枝肉販売価格で当時の日本一の記録を樹立。その後も数多くの牛肉品評会で優秀な成績を収め、前沢牛の名は、全国に知れ渡るようになった。
時期 通年
特徴 前沢牛は、奥州市前沢区に住所を有する者および前沢区に所在地のある生産者が、前沢区内で肥育し生産した牛。岩手ふるさと農業協同組合を経由して販売されたもののうち、飼養期間が1年以上、前沢区での飼養期間が最長かつ最終の地であることなど5つの条件を満たしたものをいう。上質できめ細やかな霜降りで、肉質が抜群によく、包丁を入れたとき、しっとりしている。ほんのりと甘く口にのせるとバターのように溶ける。
料理名 ステーキ、しゃぶしゃぶなど
加工品 しぐれ煮、ハンバーグ、シウマイ、カレーなど
保存方法 冷蔵庫で保存する。
栄養 タンパク質が豊富。脂肪には、モノ不飽和脂肪酸(オレイン酸など)を含む。
問い合わせ先 前沢牛協会 TEL:0197-56-2111

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。