e地産地消

奥越サトイモ

奥越サトイモ

名称 奥越サトイモ
都道府県名 福井県
区分 いも及びでん粉類
分類 サトイモ科サトイモ属
学名 Colocasia esculenta
外国語名 taro
生産地 大野市、勝山市
収穫地域情報 奥越サトイモの生産量の大半を占める大野市は、白山を始め、荒島岳などの1,000m級の山々に囲まれた盆地で、九頭竜川などの豊かな水が流れる。豊穣で水はけのよい土壌、日中の気温差が大きいことを利用し、高品質なサトイモができる。
由来 奥越で産することから
時期 10月〜12月
特徴 乾田で栽培する。親イモから子イモ、孫イモ、時にはひ孫イモまでたくさんのイモができる。奥越地方の在来種。きめ細かさと煮崩れしにくいのが特徴。
料理名 煮っころがし、煮物、サトイモ田楽、コロッケなど
加工品 サトイモ焼酎、サトイモまんじゅう、サトイモカレーなど
選び方 泥つきのほうがよい。丸い形で、ころころと太っており、皮の色が濃い茶褐色で、面が割れていないものを選ぶ。 おしりのほうを触ってふかふかとやわらかいものは避ける。
保存方法 泥つきのものは新聞紙でくるんで常温で保存する。泥なしの場合はポリ袋に入れて冷蔵庫で保存する。
栄養 炭水化物、カリウムなどのミネラル、ビタミンC、葉酸などを含む。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。