e地産地消

シラス(ちりめんじゃこ)

シラス(ちりめんじゃこ)

名称 シラス(ちりめんじゃこ)
都道府県名 兵庫県
区分 魚介類
外国語名 whitebait
生産地 播磨灘など
収獲地域情報 兵庫県では船曳網漁業が発達し、シラスやイカナゴの新子が盛んに漁獲されてきた。シラスの漁場となる大阪湾や播磨灘は、潮の流れの速い明石海峡・紀淡海峡・鳴門海峡という3つの海峡と接し、海水がぶつかり合って流れの遅くなる潮目が形成される海域。シラスは遊泳力が発達していないため自然と潮目に集まり、効率的に漁獲しやすい環境が整っているということ。また、瀬戸内海は周りを陸に囲まれた海域で、山からの栄養分が豊富に流れ込み、さらに、大阪湾や播磨灘では、外海からの水も流れ込み、シラスの餌となるプランクトンが豊富に発生。そのため成長がよく、はじけるようなプリッとしたシラスが漁獲される。
栽培情報 シラスは漁獲されてから加工するまでの時間が勝負。漁師たちは、3船1組で操業。2隻で網を曳き、1隻は船に揚がったシラスを港に運ぶためだけの快速運搬船で、シラスを船に引き揚げると一目散に港へ運ぶ。この1分1秒がおいしいシラス加工品を作るためにも無駄にできない大事な時間。また、兵庫県の瀬戸内海沿岸は、多くのチリメン加工場が立ち並び、漁業者のシラス生産を受け入れられる体制が整っている。
由来 浜では春しらす・夏しらす・秋しらすと呼ばれる。加工品のチリメンジャコは、網に広げて天日干しされた様子が、絹織物のちりめん(縮緬)を広げたように見えたからといわれている。
時期 シラスと呼ばれている物の多くは、カタクチイワシの子魚。春から秋にかけて断続的に産卵し、その時期に合わせて、一般的に春しらす・夏しらす・秋しらす、などと呼ばれている
特徴 鮮度抜群でプリッとゆであがった釜揚げ、天日干しされた香り豊かなチリメンは、クセがなく、あっさりとして、口に入れると潮の香りが広がる。
料理名 炊き込みご飯、サラダなど
調理法 大根おろし等といっしょにそのまま。温かかいご飯に釜揚げしらすをのせて、醤油を垂らして。だし巻き卵やお吸い物の椀種にも。チリメンの炊き込みご飯
加工品 釜揚げや天日干しにしたちりめんじゃこ
選び方 新鮮なものに限る、釜揚げやしらす干しは、新鮮なものは表面がサラッとしている。古くなるとベタついてくる。
保存方法 生シラスは鮮度が落ちるのが早いので、その日のうちに。釜揚げやちりめんじゃこに加工されたものも、冷凍保存が望ましい。
栄養 骨も内臓もそのまま食べられるため様々な微量栄養素を摂取できる。カルシウム、DHAやEPA、ビタミンD、ビタミンB1、ビタミンB2が豊富。
問い合わせ先 兵庫県農政環境部農政企画局消費流通課認証食品係
(ひょうごの美味し風土拡大協議会事務局)TEL:078-341-7711

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。