e地産地消

かごしま黒豚

かごしま黒豚

名称 かごしま黒豚
都道府県名 鹿児島県
区分 豚肉
分類 イノシシ科イノシシ属
学名 Sus scrofa domesticus
外国語名 KAGOSHIMA KUROBUTA
生産地 県下全域
収獲地域情報 鹿児島県黒豚生産者協議会の会員が生産し、かごしまブランドに指定された黒豚のみを「かごしま黒豚」と称している。出荷の際に生産者、出荷年月日、証明書番号を記入した「かごしま黒豚証明書」を添付することにより、生産者から消費者まで確実に届ける取り組みを実施している。また、一定の基準をクリアした販売店を「販売指定店」としている。
栽培情報 肥育後期にさつまいもを10〜20%添加した飼料を60日以上給与することにより、旨味、甘みが増すとともに、脂肪の融点が高くなり、脂がベトつかず、さっぱりとした味わいになる。
別名 体毛は黒色だが、足(4本)、鼻、しっぽの先の6カ所に白毛があるため、「六白(ろっぱく)」とも呼ばれている。
由来 約400年前の江戸時代、島津家第18代当主・家久によって琉球から移入された豚がルーツといわれている。
歴史背景 現在のかごしま黒豚は、明治初期にイギリスから導入したバークシャー種と在来種の黒豚をかけ合わせ、さらに改良したものである。次代を担う系統づくりにも着手している。
時期 通年
特徴 大型のランドレース種より筋繊維が細く、グルコースやカルノシンの含有量が多い。脂肪の溶ける温度がランドレース種より高いという特徴もあり、歯切れがよく、旨みがありながらもさっぱりしている。
料理名 とんかつ、しゃぶしゃぶ、豚汁、角煮など
加工品 ベーコン、ソーセージ、焼豚など
選び方 淡いピンク色をしているもの。ツヤと弾力のあるもの。
保存方法 冷蔵庫で保存。冷凍保存可。
栄養 タンパク質、ビタミンB1などが豊富。
問い合わせ先 鹿児島県農政部農政課 食育・地産地消推進班 TEL:099-286-3093

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。