e地産地消

スイートコーン

スイートコーン

名称 スイートコーン
都道府県名 北海道
区分 野菜類
分類 イネ科トウモロコシ属
学名 Zea mays
外国語名 sweetcorn(英)、mais sucre(仏)
生産地 十勝地方
収穫地域情報 大規模集約型の経営により、畑作経営では小麦、豆類、ジャガイモとともにスイートコーンの生産が行われている。
別名 トウモロコシ、きび、もろこし、こうらい、とうまめなど
由来 トウモロコシの名の由来は、中国の植物「もろこし」に似ていたことから。アメリカから導入されたので、舶来品によくつけられた「唐(トウ)」をつけた。スイートコーンは甘いトウモロコシの意味。
歴史背景 日本へは、トウモロコシは1579年、ポルトガル人によって、固い品種のフリント種が伝えられた。この品種は現在、飼料用とされている。明治時代にアメリカからスイート種のゴールデンバンダムが導入され、北海道の開拓とともに栽培が盛んになった。高度成長期後半に高糖型のハニーバンダム、1980年代後半にピーターコーンが導入されたことから、おやつとしての需要が高まった。
時期 5月〜9月
特徴 雄花と雌花がひとつの株に成る雌雄同株。とうもろこし畑などでよく見かける、てっぺんにあるふさふさとしたススキの穂のような部分が雄しべ、実についている「ひげ」が雌しべで、花柱とも呼ばれる。スイートコーンは日中の気温の上昇で旨味、甘みが蒸発してしまい、夜から朝にかけて養分を吸って甘みができるので、まだ暗い早朝に収穫するものがおいしい。
料理名 焼きトウモロコシ、茹でトウモロコシ、蒸しトウモロコシ、コーンポタージュ、コールスローなど
調理法 もっともかんたんな調理法は、電子レンジで作る蒸しトウモロコシ。皮を向いて、さっと水洗いする。塩を振ってラップに包み、1本につき500wで5〜7分程度加熱する。
加工品 冷凍、ボイルなど
選び方 頭のひげが濃い茶色でふさふさしたものを選ぶ。また、軸の切り口がみずみずしくて持ったときに重みがあり、外皮が鮮やかな緑色のものが新鮮。皮を剥いた状態の場合は、粒がふっくらとしていてツヤがあり、ぎっしりと詰まっているものを選ぶ。
保存方法 できるだけ買った日に食べる。その日に食べられない場合は、茹でて熱いうちにラップで包み、冷めてから冷蔵庫で保存する。
栄養 葉酸、食物繊維、ナイアシン、亜鉛、銅、マグネシウムなどが多い。
問い合わせ先 芽室町農業協同組合/JAめむろ
http://www.ja-memuro.or.jp

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。