e地産地消

十勝和牛

十勝和牛

名称 十勝和牛
都道府県名 北海道
区分 牛肉
生産地 音更町、幕別町、大樹町、新得町、更別村など
収獲地域情報 十勝平野の起伏の多い丘陵地では、十勝晴れといわれる長い日照時間を利用した畜産が盛んに行われ、全国でも有数の肉用牛産地となっている。
歴史背景 十勝地方での和牛飼養は、戦後の開拓事業の一環として、1951年に足寄町で生産が始まった。子牛市場が開くほど拡大したのが1960年。1971年に財団法人北海道農業開発公社が発足し、公社貸付制度によって先進県から繁殖牛の導入が行われるようになった。例えば、更別町では1980年に島根県より繁殖牛を導入し、1990年から産地づくりがスタートした。
時期 通年
特徴 北海道生まれ、十勝育ちでホクレン十勝枝肉市場の上場牛が十勝和牛を名乗る条件。地元の畑で作った牧草や麦稈などの飼料を食べ、糞を堆肥として利用する耕畜連携型の牧畜経営を実践している。サシが入った、甘みのあるとろけるような味わいが特徴。
料理名 しゃぶしゃぶ、すき焼きなど
選び方 赤身は鮮紅色でツヤのあるもの、脂身と赤身の境目がはっきりしているものがよい。
保存方法 ラップに包み冷蔵庫で保存。冷凍も可能。
栄養 タンパク質、脂質が豊富。赤身には、タンパク質のほか、鉄や亜鉛などのミネラルが多い。脂肪には、オレイン酸などを含む。
問い合わせ先 ホクレン帯広支所畜産販売課 TEL:0155-37-4129

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。