e地産地消

仙台牛

仙台牛

名称 仙台牛
都道府県名 宮城県
区分 牛肉
生産地 宮城県各地
収獲地域情報 仙台牛は、奥羽山脈からもたらされる良質な水と、その水で育つササニシキ、ひとめぼれなどの稲わらなどを餌に育つ。宮城県の稲わらは、よい肉牛を作るのに最適な餌として各地で認められている。
歴史背景 1931年、宮城県畜産試験場が肉質の向上を図るため、兵庫県から種牛を導入したことから始まる。1974年に兵庫県から導入した「茂重波号(しげしげなみごう)」で最高級品質の牛肉を作りだすことに成功し、仙台牛ブランドの基礎が築かれた。「茂重波号」は兵庫県の名牛「茂金波号(しげかねなみごう)」の産子で、兄弟種雄牛も全国各地で活躍した。現在出回っている仙台牛のほとんどが茂重波号の血統を引く息牛である。
時期 通年
特徴 仙台牛を名乗れるのは、仙台牛生産登録農家が個体に合った適正管理を行い、宮城県内で肥育された黒毛和種の肉牛であること。仙台牛銘柄推進協議会が認めた市場並びに共進会等に出品されたもの。さらに、(社)日本食肉格付協会枝肉取引規格が、A5またはB5に評価されたもの。宮城県から出荷されるおよそ3割しか仙台牛を名乗れない厳しい条件である。赤身と霜降りのバランスがよく、まろやかな甘みと豊かな肉汁、口当たりのよさが特徴。
料理名 しゃぶしゃぶ、すき焼き、ステーキ、牛たん焼き、ビーフシチューなど
選び方 赤身は鮮紅色でツヤのあるもの、脂身と赤身の境目がはっきりしているものがよい。
保存方法 ラップに包み冷蔵庫で保存。冷凍も可能。
栄養 タンパク質、脂質が豊富。赤身には、タンパク質の他、鉄や亜鉛などのミネラルが多い。脂肪には、オレイン酸などを含む。
問い合わせ先 ぷれ宮夢みやぎ
https://www.premium-miyagi.jp/lineup/sendaigyu.html

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。