e地産地消

東京ウド

東京ウド

名称 東京ウド
都道府県名 東京都
区分 野菜類
分類 ウコギ科タラノキ属
学名 Aralia cordata
外国語名 udo
生産地 立川市、国分寺市、小平市などの多摩地域
別名 独活、土当帰
由来 成長した茎が中空なので「宇登呂(うどろ)」と呼ばれ、そこから「ウド」に転訛したという説、大きく伸びてもやわらかな茎が、風もないのに「独りで」に動く様子が「活きて」いるように見えることから、独活=ウドと呼ばれるようになったという説がある。
歴史背景 1654年ころに書かれた「清良記」には「野生種を採取して利用した」という記述が、貝原益軒の「菜譜」(1704年)では、軟白栽培に関する記述が見られる。東京では、江戸時代末期に武蔵野市で軟白栽培が始まった。戦後は、多摩地域が栽培の中心地となった。
時期 1月〜5月
特徴 根株を群馬県などの高冷地で半年かけて養成し、11〜12月に掘り取って東京へ運び、ウド穴に伏せ込み軟化させる。この軟化技術は、他県がまねのできない優れたもので、日本料理向けの高級食材として利用されてきた。真っ白な肌、爽やかな香り、しゃっきりした歯応えが喜ばれ、贈答用としての需要も出てきている。
下処理 皮を剥いて酢水につけてアクを抜く。
料理名 サラダ、酢の物、お浸し、天ぷら、和え物、煮物、皮のきんぴら、汁物など
加工品 味噌漬け、たまり醤油漬け
選び方 茎が太めで穂先までハリがあり、全体に産毛が密生しているものを選ぶ。
保存方法 新聞紙に包んで冷暗所または冷蔵庫の野菜室に入れる。時間が経つと固くなり、アクも出やすくなる。
栄養 ほとんどが水分で栄養素はあまり含まれない。食物繊維や抗酸化性のあるポリフェノール(クロロゲン酸)を含む。
問い合わせ先 立川農産物直売所 TEL:042-536-2439

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。