e地産地消

湘南しらす

湘南しらす

名称 湘南しらす
都道府県名 神奈川県
区分 魚介類
外国語名 white bait
生産地 相模湾
収獲地域情報 湘南しらすの漁場は、黒潮が流れる沖合に向かって大きく開口した相模湾。黒潮からの暖水が流入しやすい地形となっている。水深5〜30mの沿岸に漁場が形成される。しらす船曵き網漁で漁獲される。1艘曵きと2艘曵きがあるが、神奈川県では品質を保つため船曳時間が短い1艘曳き操業を行なっている。一部が地引き網でも漁獲される。
由来 時代劇でよく見かける裁きの場所「お白州」からきているといわれ、しらすを干している一面真っ白な状態が、お白州に似ていたことから名づけられたのが、色の薄い稚魚を総称するようになった。体が白い子、で「白子(しらす)」という説もある。
歴史背景 江戸時代には、おもに地引網で獲られていたが、足が早く傷みやすいため、ほとんどが地元で消費されていた。その後近代から現代へと時代を経るに従い、漁獲法や冷蔵技術、そして流通が発達して加工技術も上がったことにより、全国各地のスーパーなどでしらす干しが買えるようになった。
時期 3月中旬〜5月中旬、7月〜8月、9月〜10月がそれぞれ春、夏、秋の旬。1月1日〜3月10日は禁漁。
特徴 ほとんどがカタクチイワシの稚魚だが、マイワシ、ウルメイワシなどの稚魚もある。生まれて20〜50日のもの。鮮度が第一なので、昔は釜揚げやしらす干し、たたみいわしとして食べた。水揚げ港の近くでは生でも食べられる。とくに湘南しらすは生が有名。生のしらすは透明感のある白色をしている。
製法 釜揚げしらすは、しらすを釜ゆで後さっと一干ししたもの、天日干ししたのがしらす干し、木枠などで型をとり、カラッと干し上げたものが、たたみイワシ。
料理名 釜揚げ丼、寿司、パスタなど
加工品 釜揚げしらす、しらす干し、たたみいわし、佃煮など
保存方法 生しらすは、その日のうちに食べきる。釜揚げしらすは、冷蔵庫で保存し、2〜3日中に食べきる。
栄養 低脂肪で良質なタンパク質が多く含まれる。カルシウム、鉄、ビタミンD、B1、タウリンなども豊富。
問い合わせ先 神奈川県しらす船曳網漁業連絡協議会
湘南しらす★情報局
http://sea.ap.teacup.com/sirasu/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。