e地産地消

鹿ヶ谷かぼちゃ

鹿ヶ谷かぼちゃ

名称 鹿ヶ谷かぼちゃ
都道府県名 京都府
区分 野菜類
分類 ウリ科カボチャ属
学名 Cucurbita moschata
外国語名 Shishigatani-kabocha
生産地 綾部市
別名 おかぼ
由来 鹿ヶ谷で栽培されたかぼちゃから。
歴史背景 文化年間(1804〜1818年)のころ、東山の農民が、津軽に旅をした際、菊かぼちゃを持ち帰り、現在の左京区鹿ヶ谷に住む農民にあげた。もらった農民が、さっそく自分の畑に植えて栽培したのが始まりと伝えられる。栽培を繰り返すうち、突然変異して現在のひょうたん型になった。明治時代には、京都で食べられるかぼちゃのほとんどを占めるほどになった。その後、京都市の市街地化で、産地は郊外の綾部市へ移り、鹿ヶ谷で栽培する農家はいなくなった。
時期 7月〜8月
特徴 中央部がくびれたひょうたん型をしている。赤系晩生種のかぼちゃで、ひとつが2〜4kgほどの重さ。縦に半分に割ると、半分から下の部分に空洞があり、種が入っている。肉質は緻密、粘質で煮くずれせず、光沢がある。味は淡泊で、甘みも少なく水気が多い。
料理名 含め煮、そぼろあんかけなどの煮物、天ぷらなど
保存方法 風通しのよい冷暗所に保存する。カットしたものはラップをして冷蔵庫で保存する。
栄養 炭水化物、β−カロテン、ビタミンB1、B2などが多い。菊かぼちゃよりビタミンC、リノール酸、リン、カリウムを多く含む。カルシウム、鉄も含む。
問い合わせ先 公益社団法人 京のふるさと産品協会
http://kyo-furusato.jp

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。