e地産地消

堀川ごぼう

堀川ごぼう

名称 堀川ごぼう
都道府県名 京都府
区分 野菜類
分類 キク科ゴボウ属
学名 Arctium lappa L.
外国語名 edible burdock
生産地 舞鶴市、福知山市、京丹後市
収穫地域情報 産地は京都府北部に位置する。
歴史背景 豊臣秀吉が建てた「聚楽第」の堀は、豊臣氏滅亡後に、周辺の住民が野菜屑などのゴミを捨てて埋まった。その土が堆肥となって、いっしょに捨てられたごぼうが芽を出して太く育った。これを見つけた農民が、2年ごしで栽培する「ごぼう」を考え出したのが始まりといわれている。
時期 11月中旬〜12月中旬
特徴 直径6cm程度、長さ約80cm、重さ約1kgにもなる太いごぼう。根の先端は蛸の足状に枝分かれし、胴体を切るとなかに“す”が入っていて空洞になっている。繊維がやわらかく味が染み込みやすい。独特の芳香を持つ。
下処理 水にさらしてアクを抜いてから調理する。
料理名 たたきごぼう、きんぴらごぼう、炊き込みご飯、海老しんじょ、肉詰めの煮物など
保存方法 土つきのものは冷暗所に立てて保存する。夏場はカットして水洗いし、ラップに包んで冷蔵庫に保存することがおすすめ。
栄養 ビタミンB1、C、カルシウム、マグネシウムなどの栄養分が通常のごぼうより豊富。食物繊維を多く含む。
問い合わせ先 公益社団法人 京のふるさと産品協会
http://kyo-furusato.jp

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。